2018年1月11日木曜日

プチ河川敷採集

12月14日午後晴れ

こんにちは、Sです。
今回はHくんと夏にはヒラタが採れる河川敷にゴミムシ探しに行ってきました。



集合して移動開始


今回の河川敷には2つポイントがありますが一つは測量をやっていたので断念・・・

もう一つの対岸方面へ向かうとビックリ

台風のせいなのか、かなりの攪乱を受けていました。

木々は残っているのですが川底の形が変わっていたり、草本の類いが散らばっていました。

(現場写真をいっつも撮っていないミス)

とりあえず探索を開始しましたが、なかなか良い木が見つからず・・・

それでも砂に半分埋もれているような木をひっくり返すとプテロが出てきました。

なかなかかっこいいやつです。
(ゲニ抜きや絵合わせやってないので未同定)

同じような場所を探しましたがこいつしか出てきませんでした。

夏にベイト仕掛けたときはオオスナハラゴミムシとオサムシモドキが掛かったり、ゴモクムシの仲間も見かけたりしたのですがさっぱりです。


一通り見終えたあたりで足下にあった細い枝をひっくり返すと

モモブトトビイロサシガメ

サシガメを始めたばっかの自分としては初採集なやつです
色の渋みとサイズがあってかっこよい


今回の採集は2種のみの成果となりちょっと残念でした

いいヒラタクワガタのポイントだったので
攪乱が今後どう影響するか5月6月が楽しみであり不安です。


ではではまた今度




2017年12月18日月曜日

冬のオサゴミ富士遠征 2017年12月9日

2017年12月9日

現会長のSです。お久しぶりです。
最近は寒くなって、野外で動いている虫を見ることは殆ど無くなりました。
私は飼育している虫も落ち着き、魚釣りばっかしています。

この日はH先輩のお誘いで、後輩H君と私Sの3人で富士方面へオサ掘りに向かいました。

朝一に大学周辺集合、出発です。


今日は富士山がよく見える♪

とりあえず最初の目的地、河川敷へ到着しました。
写真撮ってねぇ・・・・

手鍬片手に良い感じの物件を探します。
しばらく探すと中が赤枯れして土になった根っこを発見。
掘ると中にはマイマイカブリ

採集時の写真がなぁぁい
雑な展足はユルシテ

これら+2匹が採れました。
静岡のマイマイは真っ黒です。

他にも、

アカシマサシガメ、オオヨツボシゴミムシ、アオゴミムシ、コガシラアオゴミムシ、ゴモクムシの仲間、カメムシの仲間が採集できました。

オオヨツは大きくて美麗。


河川敷での採集を終え、山へ向かいます。
とりあえずアキタクロナガオサムシを狙います。

針葉樹の林床へ突撃!樹皮下や朽ち木、材下を狙います。


・・・・・・アキクロいなぁい




・・・出た!

先輩が声を上げたのでそちらへ向かうと見事アキタクロナガオサムシを手にしてました。

その後は必死に追加を探しました

・・・が、出て来ない。
そもそも生き物が全然いない。
アリガタハネカクシぐらいいてもいいのに・・・




諦めて広葉樹林へ向かいます。
ここでは苔をペリペリ剥がしてその下にいるオサムシを探します。


・・・・いなぁい

オサムシ全然いません。




いた!

またまた先輩の声が上がります。
クロナガオサムシを手に入れていました。



ここではH君が面白いものを発見していました。




シカの頭骨です。
最近では増えすぎて林床の植物が悲惨なことになっています。


採集を続けましたがクロナガオサムシ以外は採れず、暗くなって来たので撤収。



一度大学まで戻ってきてから夕食をとり、外灯巡りをしました。
目標はウスタビガ。

・・・・いなぁい

何カ所か採集経験のあるらしいポイントを巡りましたが採れませんでした。



冬だからできるオサ掘り。山での成果はイマイチでしたが楽しかったです。

今回訪れた場所は、また来年リベンジです!


ではでは✌



次回、いつもの河川敷にプチ採集?
虫処2年浜名湖釣り紀行?

2017年10月9日月曜日

あきいろスターマイン(後編)



朝5時半に起床、相当気温が下がっていたようでライトトラップにやってきたスズメバチに霜が付いていました。


ライトトラップを片付けた後、周辺で虫を探しました。



コブヤハズカミキリ




ヒメオオクワガタ

アカアシクワガタが全く見つからなかったこと、ヒメオオクワガタも擦れていたり脚が欠けた個体が多かったことを考えるとこのポイントでは発生の終盤のようです。




アケビコノハ

S君がまたもや落としました。ピカピカの個体。



採集を切り上げた後は温泉に行き、疲れを癒しました。



昼食に食べたキノコそば






 その後は南下して別のポイントに。





諏訪湖。残念ながら天気があまりよくない…。





しかし移動したポイントは思いのほか環境が良くありませんでした。
乾燥が激しく、虫がいない…!!!同じ県でも北と南では違いますね…。




カメムシだらけ


結局早々に昼間の採集を諦めライトトラップができる場所を探すことに


…しましたがこれも見つからない!!!!



2時間ほどライトトラップができる場所を探してウロウロしていたら日が暮れてしまいました…。




結局、最初に車を止めた駐車場でライトトラップをすることに。




オオシロシタバ





ノコメキシタバ





シロシタバ




チャマダラエダシャク



思いのほか虫が来る…?



…と期待していたのもつかの間



雨が降ってきましたー((+_+))


時間がたつにつれ雨が強くなってきたので渋々撤収することに。



撤収のため幕の確認に行ったところ…




え?






ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


ムラサキシタバ

国産カトカラの最高峰、素晴らしい…。感無量。

遠征に来たかいがありました…!





大雨と濃霧のため帰路に苦戦しましたが、無事に帰還することができました。



ムラサキシタバを見つけた時の感動は忘れることができません。







To be continued
































2017年10月8日日曜日

あきいろスターマイン(前編)

久しぶりの投稿をしますHです。後輩のS君と秋の虫を堪能してきたので報告します。




2017年9月某日

レンタカーの使用可能時間を最大限利用するため今回は車を借りてすぐに出発。

山梨県経由で目的地である長野県を目指しました。




途中長野県内の某SAに休憩に立ち寄った時に、思いもよらぬ虫が!




クロメンガタスズメ

南方系の巨大なスズメガ。調べたところ長野県内でも割と記録はあるようでしたが、まさかこんなところでお目にかかれるとは…。




出発から6時間ほどかけてようやく目的地に到着。


見渡す限り一面のブナ林!!!!



静岡とは全く環境が違いますね…。羨ましい!


ビーティングで虫を探しました。


コブヤハズカミキリ



秋のブナ帯の代表種。カッコいい!




シワヒサゴゴミムシダマシ

よくみる(ヒガシ)ツヤヒサゴゴミムシダマシに比べると艶消しで上翅の点刻が目立ちます。






そんな時、ビーティングネットに大型の甲虫が落ちました。




落ちたときはアカアシクワガタかと思いましたが…




ヒメオオクワガタ

まさかのヒメオオクワガタでした。これも秋のブナ帯の代表種。狙ってはいましたが最初の一頭がビーティングでの採集になるとは…。



アケビコノハ

S君が落としていました(笑)


日が暮れてきたところでライトトラップをセッティング


点灯だァーーーー!!!!!!!







ベニシタバ

初採集でテンションがあがりました。




ヨシノキシタバ

ゴマシオキシタバに混じって本種も飛来。




ムクゲコノハ

デカい、綺麗、カッコいいと三拍子そろった良い蛾。




オオシモフリヨトウ

密かに欲しいと思っていた種。良かった…!




スギタニゴマケンモン




ムラサキトビケラ


ちょくちょく良い虫が来てくれたのですが、月が本気を出していたせいもあって飛来数は少なかったです。大物を期待し翌朝までライトトラップを続けました。




後編に続く






























2017年9月25日月曜日

山梨採集遠征 ~夜の部~

※「山梨採集遠征 ~昼の部~」の続きになります。

今回もHが担当します。




暗くなる少し前に花掬いをしていた山に戻り、ライトトラップの準備をします。



点灯!!!

ここからはライトに集まってきた虫を紹介します。










マルモンシロガ



 ヘリスジシャチホコ



 ミドリリンガ



 ハイイロオオエダシャク



 シロオビドクガ



 オニベニシタバ



 オビグロスズメ



 タカネキクセダカモクメ
(真ん中の上下に二匹いるうちの下の蛾)



ミヤマカレハ



ギンモンスズメモドキ



集まってきた蛾の一部になります。
自分が採った中では蛾を始めた時からあこがれていたギンモンスズメモドキが嬉しかったです。

H先輩もオビグロスズメをはじめとした良い虫が採れていて満足している様子でした。